人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2022年を強く生き抜くためのベスト本5冊(一冊目)

今日から2022年を強くしなやかに生き抜くためのベスト本5冊をご紹介していきます!


いろいろなことが起きる毎日です。

溢れる情報の嵐に翻弄されて、ネガティブなことばかりにフォーカスしてしまうということもあろうかと思います。


私の場合、自分のフォーカスポイントを変えるための強力手段は良書を読むです!


複雑で先の見えない今のような時代は、ネガティブな情報にフォーカスし過ぎず、淡々と、しっかりとした考え方を学んだり整理したりすることが大事です。そして、ネガティブに飲み込まれない自分なりの武器というか対応するための道具を持つことが大事です!


私の独断ですが、私なりの良書の定義は、


      • 前向きなインスピレーションが得られる
      • 疑問も含め、考える機会を与えてくれる
      • パラダイムシフトにつながる新たな気づき(学び)や発見がある
      • 明日に向かって明るい希望が持てる
      • 具体的な行動につながる力が得られる
      • 素晴らしいと思わず口にしてしまう
      • 著者への感謝が溢れる


です。


一行でも心に響き、自分に力を与えてくれる本は良書だと思いますが、今回の一冊は、私にとって、かなり良書な感じです。今を生き抜くツールやスキルを得た(思い出した)と言えるかもしれません。


ベスト5冊の中から、まずは超お勧めのこの1冊から


サンマーク出版:ロルフ・ドベリー著 安原実津訳 


「Think clearly」

より良い人生を送るための思考法


購入はこちらからhttps://amzn.to/3tCzsu4


帯にもあるように「この複雑な世界を生き抜くための、鮮明なる指針」が散りばめられた一冊です!


個人的には、知ってる内容や考え方もありましたが、タイトルがシンククリアリーだけあって、「ああ、そういうふうに考えればいいんだよね」「ああ、そんな見方ならかなり楽になれる」という小さなパラダイムシフトの連続で気持ちが軽く明るくまりました。


あまりにも面白く、「これは大事!」と思える内容満載すぎて、あっちこっちに付箋を貼りすぎてしまい、どこが大事なんだかわからなくなってしまいました。そこはシンクアンクリアーになってしまいました。💦


というのはさておき、シンプルで頭の整理に抜群の今の時代にピッタリの良書です!

これはお勧めです!ぜひ読んでみて力にしてください!


ラジオでも紹介してます😁


https://stand.fm/channels/6017cfef85b142d0d84d1ccb


購入はこちらからhttps://amzn.to/3tCzsu4

2022年を強く生き抜くためのベスト本5冊(一冊目)_c0048713_21023243.jpg



# by up-lift | 2022-01-19 08:03 | 書籍紹介

人生には何ひとつ無駄なものはない

誰の人生にも様々なことがあります。


同じ時代を生きていても、それぞれに人生の歩み方もスピードも、生きているステージも、見ている景色や感じる感情も違う。


皆んないろいろなんですよね。

皆んな様々なことを経験しながら、自分なりに折り合いをつけつつ前を向いて生きて行こうとしている。


ですから、自分にも他の人にも少しだけ優しい気持ちになって、なんとか元気を出して歩んでいきましょう!


大丈夫の世界、ワクワク出来る世界は自分が創るのだと、心の片隅で小さく強く覚悟を決めて歩んでいきましょう!



今日の一冊

昔読んで励まされ、ものの見方を教えていただいた一冊です。

いろいろある今の時代にも大切な本かなと思います。

下記2社からの出版になってますが、朝日文庫のが昔版で安いですね。


遠藤周作著 鈴木秀子監修


人生には何ひとつ無駄なものはないー幸せのための475の断章


下記は、海竜社

https://amzn.to/3rtdybE

人生には何ひとつ無駄なものはない_c0048713_15383365.png









人生には何ひとつ無駄なものはない


下記は、朝日文庫


https://amzn.to/3d8Gmhc


人生には何ひとつ無駄なものはない_c0048713_15395802.png


# by up-lift | 2021-12-01 14:16 | 書籍紹介

静かに行く者は、健やかに行く。健やかに行くものは…。

学生時代、大学の近くにあった小さな古本屋で立ち読みした本の中に、「静かに行く者は…」の言葉を見つけた。外国の著書だったと記憶しているが、誰の何というタイトルの本だったか覚えていない。

検索時代、

それはイタリアの経済学者パレートの言葉だと分かった。
パレートの法則のあのパレートの言葉らしい。
なんだかイメージと合致しない感じもするが、どこのなんという本に書いてあるのか。

読んだことはないが、城山三郎の著書にも「静かに 健やかに 遠くまで」
というのがあるが、私が出会ったのはその本ではなかった。

ま、言葉は、過去の誰かが語ったとしても、今の自分の思いがその言葉に共鳴し、まさに自分が言いたかった言葉だと思えれば、それはもう自分の言葉なのだと思う。

時間の経過とともに記憶の彼方に消えていくこの言葉を、勝手な記憶に置き換えて、私なりの表現で使ってきた。

「静かに行く者は穏やかであり、穏やかに行く者は健やかであり、健やかに行くも者は遠くまで行く」と。

世の中の出来事に一々反応し、とても穏やかとは言えない自分を戒めるための言葉だった。

今、年を重ねてみて、改めて自分が表現した言葉の意味を自分に問うてみた。

静かに行くとは、どういうことだろう?
穏やかとは、どういうことだろう?
健やかとは?
遠くまでとは?

今年、親友というには少し距離があり、親友ではなく友というには寂しく申し訳ない大切な方が、この世での人生の幕を降ろした。素晴らしいリーダーであり、才能豊かで、熱いけどいつも穏やかで、どこかクールで、頭が良くて、心がピュアな方だった。長い間の闘病生活を全く表に出さず、若いのに達観しているような穏やかさで、いつ会っても微笑むような眩しいい輝きを持っていた方でもあった。

穏やかな彼は、身体的には健やかではなく、遠くまで生きることも出来なかった。
しかし、心は、思いは、いつも健やかだった。
歩んだ時間は短くとも、これまで多くの若者たちの未来に大きな影響を与えて来た。
物理的な「遠く」ではなく、生きる質の意味での「遠く」を彼なりに生きたのだと思う。

「静かに行く者は穏やかであり、穏やかに行く者は健やかであり、健やかに行くも者は遠くまで行く」

静かさも、穏やかさも、健やかも、遠くも、人それぞれなのだ。

私なんかには目に見えない苦しみや、悲しみが彼にはたくさんあったのだと思う。
一度だけ、あまりにも辛い状況を知って、別れ際にただ手をとって心の中で「よく頑張ってるね」と伝えたことがあった。その言葉が伝わったように、ただ静かにじっと立っている彼の姿があった。

最後のときは、敬愛するHK氏を囲んで、四人で食事した2019年の冬の東京。
今は本当に遠くに行ったのだろうが、なんだかそうは感じない。
言葉も、表情も、雰囲気もどれもこれもが鮮明で綺麗に生きている。
今もなおイキイキと「今ここ」を穏やかに、健やかに、永遠の遠き道を輝いて生きている。
そんな気がしている。

# by up-lift | 2021-11-02 22:00 | 癒し

予測困難なVUCA時代に成功するリーダーの特徴とは?

  新里聡のリーダーのためのコーチングラジオ

予測困難なVUCA時代に成功するリーダーの特徴とは?_c0048713_15213103.png
下記↓をクリック

予測困難なVUCA時代に成功するリーダーの特徴とは?
https://stand.fm/channels/6017cfef85b142d0d84d1ccb

成功の定義は様々ですし、成功しているリーダーの定義も特徴も様々です。企業の人材育成に27年の間関わってきた中で、最も印象に残った一人のリーダーについて、今の時代に必要なリーダーの特質の一つなのではないかと思いラジオに残してみました。

一人の人の影響力の素晴らしさに改めて気付かされた研修の一コマ、お時間のあるときにでもお聴きください。

# by up-lift | 2021-10-29 15:02 | 人材

伊良部大橋が一望できるホテルBlue Oceanのオープンセレモニーへ!

2021年10月

ホテル Blue Oceanのオープニングセレモニーに参加しました。

https://www.blueocean-miyakojima.com/
伊良部大橋が一望できるホテルBlue Oceanのオープンセレモニーへ!_c0048713_15563621.png
写真は公式ホームページからです。

ギリシャ風の白い建物が青空に映え、鮮やかなブルーで彩られた部屋の窓開けると宮古島と伊良部大橋が目の前に広がる。昼はミヤコブルーに輝く海と島の緑の織りなす穏やかな時間。夜は、屋上のジャグジーで寛げば、宮古島の夜景と伊良部大橋を走り抜ける車のライトが疲れた体と心に贅沢な寂静の時間(とき)をもたらしてくれる。

笑顔の素敵な支配人に案内されながら、どこか知らない街へ旅してきたような不思議な感覚になりました。各部屋にはプールもあるので、プールも海も満喫できますし、オーシャンビューのフランス料理レストランで美味しい料理もいただける。ここでゆっくりと時間を忘れて過ごしたいなあ!そんな気分にさせられました!

宮古島市では、Blue Oceanはじめ多くの観光関連の素敵な場所がオープンしています。コロナが落ち着いて多くの皆様が島へ来て楽しんでいただけると嬉しいですし、宮古の島々を大切にしていただけたらありがたいと思っています。

夜のセレモニーでは、宝塚OBの方々が素晴らしい歌と踊りの数々をプールサイドで披露してくれて、自粛続きのコロナ禍で、久しぶりに楽しい雰囲気を味わうことが出来ました。この一年半以上、ほんとに真面目に自粛し続けてきたので、大好きな宝塚OBの歌声には癒されました!

伊良部大橋が一望できるホテルBlue Oceanのオープンセレモニーへ!_c0048713_16002629.png

ベルばらの「愛あればこそ」は、私のライブのオープニングでもちょこっと歌う歌ですし、以前、宝塚OBの方と一緒に歌ったこともあり、思わず一緒に歌いそうになりました😅ほんとに突然歌ってたら「アホ」だと思われたでしょうね。💦

その時の様子を含めいろいろラジオで紹介したいなと思います。お楽しみに!

ラジオは、メンバー限定の放送と公開放送の二つになる予定です。
現在も一部限定公開になっていますので、ご了承ください。

リーダーのためのコーチングラジオ

Satoshi Shinzato

Coaching for leaders

https://stand.fm/channels/6017cfef85b142d0d84d1ccb



# by up-lift | 2021-10-23 16:08 |

新里 聡のBreakTimeBlog


by up-lift
画像一覧